声がかれているのが続いているけど大丈夫?

今回は“声がかれているのが続いているけど大丈夫?”ということについて書きたいと思います。

 

声がかれているのが2~3週間以上続いたら風邪による声がれではないので、耳鼻咽喉科を受診しましょう。喉頭癌や大動脈の病気など命に関わる病気の可能性もあります。

 

 

声がかれる代表的な病気には大きく分けて以下の4つがあります。

I:炎症によるもの
II:生命に関わる可能性のあるもの
III:声の酷使によるもの
IV:加齢によるもの

 

 

I:炎症によるもの

炎症によるものにも二つあります。

 

〇急性の炎症:風邪の後などの喉の炎症で、最も多く、声帯が炎症で腫れて赤くなります。

通常は声の安静や内服などで通常1週間以内には治ります。

 

病名:急性声帯炎

治療:声を休めることが大事です.

 

 

〇慢性の炎症:炎症が長引いて持続する状態です。

 

病名:ポリープ様声帯→声帯がむくんで腫れます。

(多量の喫煙・飲酒、よくしゃべるなどが原因:スナックのママさんなどに多い)

 

咽喉頭酸逆流症→声帯の少し下側や後ろ側がむくむような状態になります。

(胃酸の逆流による)

 

治療:生活習慣の見直しが大事です。

 

II:生命に関わる可能性のあるもの

生命に関わる可能性のあるものにも二つあります。

 

〇声帯の癌:3週間以上声がれが続いて、喫煙・飲酒歴がある中高年の場合まず疑います。

 

〇声帯が麻痺しているため発声時に声帯がきれいに閉じず、息が漏れたような声になる状態:重篤な病気があり、声帯を動かす神経を麻痺させる状態

 

病名:反回神経麻痺(あるいは声帯麻痺とも言う)

 

*反回神経麻痺を起こす原因として大動脈瘤・解離、甲状腺癌、肺癌、食道癌などの生命に関わる病気があるので要注意です。

 

(声がれが続く場合は耳鼻咽喉科でみてもらうことが必要です。)

III:声の酷使によるもの

〇声の使いすぎによるもの:声を必要以上に酷使している場合に起こります。

 

病名:声帯ポリープ(歌手などに多い)、声帯結節(保育士、幼稚園の先生などに多い)

 

治療:適切な発声法の習得が大事。改善しない場合は手術。

 

IV:加齢によるもの

〇声帯がやせてしまうため、発声時に声帯がきれいに閉じず声がかれる状態です。

 

病名:声帯萎縮(年齢的な筋肉の萎縮による)

 

治療:高齢になっても歌を歌ったり声を出すことが大事です。このときは声をなるべく使いましょう。

 

以上“声がかれているのが続いているけど大丈夫?”ということで声がれがでる病気について書きました。生命に関わるような病気もあるので注意しましょう。皆さんのご参考になれば幸いです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Panasonic ポケット吸入器 EW-KA30-S
価格:3062円(税込、送料別) (2020/9/19時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A&D エー・アンド・デイ 超音波温熱吸入器 UN-135-P (ピンク)[UN135P]
価格:10910円(税込、送料別) (2020/9/19時点)