薬局で売っている市販の点鼻薬の使いすぎは良くない?

今回は“薬局で売っている市販の点鼻薬の使いすぎは良くない?”ということについて書きたいと思います。

 

 

薬局で売っている市販の点鼻薬は短期だと鼻づまりに即効性がありますが、長期間にわたって使いすぎるとかえって鼻がつまります。耳鼻咽喉科で点鼻薬を処方してもらいましょう。

 

 

鼻の中の粘膜には血管がたくさんあります。

ウイルス感染による風邪の症状やアレルギー反応により鼻の血管が病的に拡張すると粘膜が腫れ、鼻がつまります。

 

薬局で売っている市販の点鼻薬には血管を収縮させる血管収縮薬が入っています。

それにより点鼻をすると血管が収縮し即効性に鼻づまりが良くなります。

 

しかし、血管収縮点鼻薬を長期間使用すると、効果は少なくなり、持続時間も短くなります。

さらに血管運動調整が障害されて鼻の粘膜はかえって腫れます。

 

また精神的にも点鼻薬に依存するようになり、さらに点鼻薬を頻回に使うといった悪循環に陥ります。

 

ですから薬局で売っている市販の点鼻薬は、風邪症状などで鼻づまりがあるときに一時的に使用するのは良いですが、長期間使用するのはかえって鼻づまりが悪化しますので長期間は使用しないようにしましょう。

 

鼻づまりが続くようなら耳鼻咽喉科を受診して血管収縮薬でない点鼻薬がありますのでそちらを処方してもらいましょう。

 

 

以上“薬局で売っている市販の点鼻薬の使いすぎは良くない?”ということについて書きました。皆さんのご参考になれば幸いです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【丹平製薬】ママ鼻水トッテ ベビー用 1個
価格:836円(税込、送料別) (2020/9/19時点)