子供の鼻水が多く、まだ年齢的に鼻をかめません。取ってあげたいのですが、どのようにすればよいですか?

今回は“子供の鼻水が多く、まだ年齢的に鼻をかめません。取ってあげたいのですが、どのようにすればよいですか? ”ということについて書きたいと思います。

 

 

尖端が丸まった市販の鼻吸引器を使ってやさしく吸引してあげてください。多量に鼻水が引ける吸引の角度を見つけ、頬を外側に押しながら引っ張ると鼻水は取りやすくなります。

 

 

子供は免疫力が弱く、すぐに風邪を引きやすく、治っても保育園などで他の子供から再びウイルスや細菌が感染してまた鼻水などの症状が悪化することがよくあります。

また、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎になり、鼻水が続くことも多いです。

 

通常は鼻をかむことで、鼻の中に鼻水を溜めないこと、鼻呼吸になるようにすることで鼻炎や副鼻腔炎を改善させ、中耳炎を予防するといった効果があります。

しかし、乳幼児ではうまく鼻をかむことができず、グズグズと鼻症状が続くことが多いです。

 

鼻水は古典的にはお母さんの口で鼻を吸ってあげても良いですが、最近では鼻吸引用の器具もありますので、そちらを使用すると良いと思います。

尖端が丸っこく鼻に当てても痛くない、耳鼻咽喉科でよく使われるようなものを使ってください。

 

あまり強い圧でなくても吸引の向きで多く吸えることがありますので、色々な方向で吸いやすいところですってください。

いやがるのは無理矢理せず、やさしく説明しながら行ってください。

 

耳鼻咽喉科の処置で多くの子供は鼻吸引をいやがって泣きますので、1回恐怖を覚えると次からできなくなりますので、やさしくやってあげてください。

鼻を吸引するときに頬の部分を親指で外側に押しながら軽く引っ張るのを繰り返すと弁になっている部分があいてたくさんの鼻水が出るようになりますので、やってみてください。

 

鼻血が出た場合は吸引をやめ、圧迫止血してください。→鼻血の止め方はこちらを参照

 

鼻の吸引器は二つのタイプがあり、お母さんが口で吸うタイプのものと、吸うためのポンプがついているものがあります。

どちらでもかまわないと思います。金額が変わりますので、各ご家庭の事情に合わせていただいたら良いと思います。

 

以上“子供の鼻水が多く、まだ年齢的に鼻をかめません。取ってあげたいのですが、どのようにすればよいですか? ”ということについて書きました。皆さんのご参考になれば幸いです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ママ鼻水トッテ ベビー用(1コ入)
価格:1466円(税込、送料無料) (2020/10/28時点)

 

耳鼻咽喉科医へのよくある疑問、質問についてお答えするサイト