副鼻腔炎との診断で、耳鼻咽喉科で何度か手術もしましたが再発しています。好酸球性副鼻腔炎と言われました。好酸球性副鼻腔炎ってどんな病気?

今回は“副鼻腔炎との診断で、耳鼻咽喉科で何度か手術もしましたが再発しています。好酸球性副鼻腔炎と言われました。好酸球性副鼻腔炎ってどんな病気?”ということについて書きたいと思います。

 

 

好酸球性副鼻腔炎は、鼻にできる喘息のようなもので、副鼻腔炎の中でも治りにくく治すのが難しい病気です。決定的な治療法はまだ確立しておらず、症状に応じた治療を行います。

 

 

好酸球性副鼻腔炎は、副鼻腔炎の中でも治りにくい代表的な病気で、2002年に提唱された比較的新しい病気の概念です。

典型的には成人に発生し、気管支喘息と以前診断されたことがある人が多いです。

 

また、両側の篩骨洞と言って目と目の間の空洞に炎症が強く、鼻のポリープが充満しています。

鼻が詰まっているため、嗅覚障害がある事も多いです。

 

この鼻ポリープや鼻の粘膜を調べると好酸球という細胞が多く見られるため好酸球性副鼻腔炎と名前がついています。

この病気についてはまだ詳しくは分かっていませんが、気管支で起こる気管支喘息が鼻の部分で起こっているものと考えられています。

 

まだこの病気を治す確実な治療法はなく、症状に応じた治療になります。

症状が悪化しているときの治療としては①ステロイド薬の内服、②抗生物質の内服、③手術があります。

鼻にポリープが充満して症状が強い場合では、内視鏡下の鼻副鼻腔手術が推奨されます。

 

症状が安定しているときには、①鼻処置、②鼻洗浄、③内服(抗アレルギー薬、マクロライド少量投与療法)、④鼻点鼻薬などがあります。

これらを組み合わせて治療します。

 

しかし、上記の治療を行っても一部の患者さんではなかなか良くならずに再発を繰り返すことがあります。

我々耳鼻咽喉科医も非常に治療に苦労します。

 

ですから患者さんにもこの病気を理解していただき、患者さんと良好な関係を保ちながら、粘り強く共に治療に向き合うことが大事です。

 

 

以上“副鼻腔炎との診断で、耳鼻咽喉科で何度か手術もしましたが再発しています。好酸球性副鼻腔炎と言われました。好酸球性副鼻腔炎ってどんな病気?”ということについて書きました。皆さんのご参考になれば幸いです。

 

 

耳鼻咽喉科医へのよくある疑問、質問についてお答えするサイト